山田正明様よりご提供いただいたお写真です。


1957年の本校火災時の様子
「一棟(左)と二棟の焼けている所」
   
「控え室(体育)の焼け落ちた時」    
「合唱部が出来てからしばらくして
 池の平へ部で親睦旅行を行い
 春の日の一日を楽しく過し、歌い
 飛びはねた。」
   
火災後の新校舎屋上での練習の様子
   
「高校は焼けた。しかしいつまでも
 その姿ではいなかった。やがて
 機械の音が響き渡り、資材を運ぶ
 トラックは行き交いし、セメントはこね、
 新校舎は着々と完成に近づいていった。」
   
「やがて本校の半分は出来上がった。そこは
 三階建ての近代的なすばらしいものであった。
 そこには待望の屋上があった。そこに於いて
 我々合唱部は昼休みあるいは放課後と
 時間を見ては日光浴を兼ねながら合唱の練習」
   
NHK合唱コンクールに出場
「コンクールが終わってから全員で記念写真」
   
コンクール本番の様子
「合唱部発足後の初めての腕試しの日だった。
 会場は本校講堂(上越地区予選)
 結果は県下8校の中に入り、ラジオによって
 発表された。この時は皆本当に飛び上がらんばかりに
 よろこんだものだ。」
   
コンクール本番の様子
「『未来は遥か』(課題曲)
 『夜は来つれど』(随意曲)
 指揮 石塚忠紀、伴奏 荒井タカ子」
   
「午前中の練習の一コマ」    
「記念の為に終わってから男子・女子分かれて
 皆々勝手にポーズを取ったところ」
   
     
「宿敵糸魚川高校の先生と本校先生と共に
 録音を聞いているところ」
(左から)長谷川先生(糸魚川高校)、植木先生、山田さん
   
「三年生遠足で浦川原に行き、その宮で
 三年生の部員だけで練習する。」
   
「ある練習時の一カット」    
本校合唱祭にて
「開会の辞を語っているところ」
   
本校合唱祭にて
「石塚の指揮で『流浪の民』を歌っているところ
 ソプラノ 山本(三年)
 アルト 小山(三年)
 テノール 山田(三年)
 バス 土田(二年)」
   
クリスマス兼送別会
「三年生の合唱(指揮 山田)」
   
「皆の表情」    
「送別会が終わってから講堂でうつす」    

 


戻る

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー